⑬ 親の妄想?どう受け止めるか【親と繋がる】

連載コラム

突然不思議なことを言い始める親世代

暦のうえでは春を迎えていてもまだ寒い日が続く2月ですが、季節の変わり目に毎年ちらほらといただくご相談があります。

それは親が「家の中に動物がいて夜動き回っている音がする」「一人暮らしなのに誰かが家に潜んでいる気配がする」「夜布団に入ると何かが手に触れてくる」などと子供に訴えてきて、子供は様々な手を尽くしてその正体を突き止めようとするものの全くわからず、「気のせいだ」といっても親は納得しなくて手の打ちようがなく困っているというものです。

中には「死んだおじいさんが部屋にいる」というような不思議な訴えもあり、子供世代としては「本当に霊が見えている?」「もしかして認知症の始まりでは?」などと色々考えてどう対応しようか迷ってしまう方もいらっしゃいます。

高齢者 不安

脳の老化と不安が結びついているかもしれない

認知症は気になるものの、それ以外のことで変化はなく、毎日の生活も今まで通り過ごせているとしたら、親にはなかなか「病院で検査を受けてきて」とは言いづらいですし、親自身も「病気でもないのになぜ検査を受けなくてはいけないんだ!」と抵抗を感じるでしょう。

そんな時はまず、最近親の周囲で起きた出来事を聞いてみてください。お友達が病気になった(または亡くなった)、近所の人が引っ越してしまった、馴染みのお店が閉店してしまった、本人の肩や腰など痛むところがあるなど、寂しくなったり不安に思っていることがありませんか。
もしかすると、その気持ちが幻聴や幻視、妄想を引き起こしているかもしれません。

子供のころ肝だめしなどして「お化けが出るかもしれなくて怖い」と思っていると、本当にお化けが出た!見た!という経験をしたことがありませんか。実際は木の枝であっても、本人の脳内で不安や恐怖から混乱が起き、お化けのイメージを視神経に伝達してしまうという、まさに「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ということわざ通りですね。
子供世代であれば仮にそういう事態になってもすぐに落ち着いて「目の錯覚か」と納得できる柔軟な判断力がありますが、高齢になると誰しも判断力の瞬発性は落ちてきますし、お化けと違って上記に挙げたような生活上の漠然とした不安はずっと頭の中に残りがちです。
私は医師ではないのであくまでご相談事例からの推測ですが、親世代の心に内在している不安が自律神経やホルモンバランスの乱れを引き起こし、脳内の情報処理機能に誤作動を起こさせていることがあるのではと思っています。季節の変わり目にこのご相談があるのも、気圧や日照時間の変化が大きい時期なので余計に体内のバランスが崩れるからなのかもしれません。

高齢者 妄想 幻覚

「安心できるもの」の存在でおさまることもある

自分にははっきりと聞こえたり見えたりしているものが、周囲の人には理解されないということ自体が親世代にとってはそもそも不安です。
ですのでまず「ほんとに聞こえている、見えている」ことは肯定しましょう。そのうえで「心配ごとなどがあると脳の情報伝達がうまくいかなくて身体の中の音が聞こえたり、記憶にあるイメージが目の前に現れることがあるみたいだよ。だから他の人にはわからないんだよ」と話し「夜はラジオを小さくつけっぱなしで寝てみる」「見回りサービスに加入する」「見守りロボットを家に置いてメッセージを気軽に送りあう」「ランプなど小さな明かりをつけておく」など親が安心できそうなことをやってみてください。

自分の訴えが理解され、さらに「これがあれば安心(例えばラジオや見守りロボットなど)」と思える存在が見つかれば、このような幻聴や幻覚がなくなることがあります。

高齢者 安心して寝る

他の症状があるようなら検査も検討する

もしそれでも効果がなく長期間幻聴や幻覚が続いたり、気分の変動が激しくなったり、夜よく眠れなくなるなど他の症状があるようなら、認知症が引き起こしている可能性もあります。

認知症の一つに「レビー小体型認知症」があります。レビー小体という物質が脳や自律神経などにたまることで引き起こされ、幻視が特徴的な症状に挙げられています。気になるようでしたら、一度病院で検査を受けてみてもいいかもしれません。

親の身体的な健康は目に見えるのでケアしやすいですが、身体と同様、心にも老いは訪れます。
心は目に見えないからこそ、普段から気を付けてケアしてあげていただきたいと思います。

高齢者 心のケア


プロフィール

氏 名  佐藤 栄子
大手不動産会社で約20年、主に秘書として勤務。社員のヘルスケアも担当したことがきっかけで心理学を学ぶ。義父の介護手伝いのため会社を退職し、退職後は心理カウンセラーとして活動。電話・メール、対面などのカウンセリング、心理テスト作成、コラムの執筆を行っている。
一般社団法人 全国心理業連合会 上級プロフェッショナル心理カウンセラー認定試験 合格


「親子ネクト〜離れて暮らす親が、ふと心配になったら〜」は、離れて暮らす親を心配されているご家族向けに、親に関する様々なお役立ち情報を発信しているブログサイトです。
タイトルの「親子ネクト」は親とつながる(コネクト)をイメージしております。

facebookグループ

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


コメントポリシーをお読みになった上で投稿してください。
TOP